お知らせ

  • 2013.02.04
    人を育てるって“待つ”ことです。

    研修報告~福祉施設の経営改善

    介護職員の離職率の高さは、他の産業の離職率を大きく上回っています。しかも、そのうち77.6%は、勤務期間が3年未満の者だそうです。介護福祉士などの資格は、業務を独占できる職場ではなく、仕事内容も苛酷であることが原因のようです。

    人材不足 → 人材を選べない → サービス・質の低下  質の高いサービス=質の高い人材
    やはり人材が基盤です。では、どうするのか・・。
    採用  即戦力を求めず、適切な労働条件を提示する。
     ↓
    定着  どういう職場ならばすっといたいか?賃金・時間の自由度・やりがい・個人の成長etc 
     ↓
    育成  基本を根気強く教えた後、「待つこと」ができるか? “育てる” → “待つ”
     
    目標やモチベーションの維持も必要。可能性を信じ、力を引き出す技術やコーチングも必要。
    人材を育てる指導者の人間力も大事ってことですね。これって、どの企業にも当てはまることです。

    情報局 H25_2月分