お知らせ

  • 2014.05.14
    領収書の書き方に注意!

     平成26年4月1日以降に作成される領収書等は、記載金額5万円未満が非課税となります。ここでもう一度、領収書等の書き方をおさらいしておきましょう。

     領収書等に消費税額がきちんと明記されていれば税抜き金額で判定しますが、明記されていない場合、税込金額で判定することになります。たとえば、税込金額が5万円の領収書等は税抜き金額は47,619円ですので収入印紙は必要ありません。しかし、“消費税込”である記載がない場合は収入印紙を貼らなければならない訳です。また、収入印紙の添付もれが発覚した場合は、本来添付する印紙税額の3倍の過怠金が発生しますのでご注意ください。

     詳しくは、当事務所へお問い合わせください。