税務・財務コンサルティング

会計事務所をお探しの方からよくお聞きするのがこんな言葉です。

「毎月顧問料を払っているだけで何もしてくれない」 「相談事があっても、親切に対応してくれない」 「月次試算表が要求しなければ提供されない」 「試算表・決算書の説明が何もない」

帳簿をつけて決算書を提出するだけが会計事務所の仕事ではありません。 会計データから会社の問題点や課題点をわかりやすく解説し、経営者に理解し、改善してもらうこと、 これが経理の重要な役割だと考えます。

今の会計データから自社の業績を的確に把握できますか? また、資金の動きを的確に把握してますか?

向田会計が最も大切にしているサービスは「わかりやすい会計データの解説と分析」です。 そして経営者と共に問題点や課題点を把握して解決策を検討していくことです。

月次決算の目的と考え方

1. 社長が“毎月”損益状況を確認する。 2. 社長が“毎月”資金の流れを確認する。 3. 社長が“毎月”現状の業績把握をする。

キャッシュフローを重視した月次決算書を早期に提供し、毎月わかりやすく解説・分析することにより社長と共に問題点・課題を把握して行きます。