申告・納税を早め不安を解消したい方

最終利益を十分に見込んで決算をお迎えですか? 納税額を予測し納税資金を準備してますか? 決算を組んだら大幅に業績がズレたことはありませんか?

上記のような経営の悩みを抱えている方はぜひお問い合わせ下さい! 向田会計ではお客様を毎月訪問し、会計帳簿類(領収書・請求書などの)チェックを行うことを「月次決算」と呼んでいます。 月次決算により決算業務の簡素化、効率化を図り決算日終了後1ヶ月以内の申告書類のご提供を目指しております。

決算前検討会

決算1~2ヶ月前には決算予測を十分に行い、「今期業績の着地点」と「納税額」を把握します。 この決算予測により、納税資金を急いで準備する必要もなく、余裕を持って決算を迎えることが出来ます。 それと共に次年度の予算立てに役立つ先見の目を培う事が出来ます。

決算・申告までの業務の流れ

  • 月次監査
    毎月訪問し、会計帳簿類の監査、経理業務の改善、業績報告 ※毎月15日頃までに実施
  • 決算前検討会(決算予測)
    当期の業績シミュレーション、納税額シミュレーション ※原則決算1~2ヶ月前に実施
  • 「将軍の日・軍議の日」(次期経営計画の策定)
    経営者自分自身はもちろん 銀行も納得する経営計画の作成指導。
  • 決算及び税務申告
    向田会計では決算終了後1ヶ月以内に決算完了 (決算書、申告書控提供)